麻雀放浪記2020 映画 感想

麻雀放浪記2020 映画 感想


戦後の混乱期から2020年にタイムスリップした麻雀師が、元の時代に戻るために勝負を挑んでいく麻雀映画。

麻雀のルールはおぼろげにしか知らないのですが、ルール無視の荒唐無稽な展開でかなり楽しんで見ました。


戦争でオリンピック中止になった2020年という挑戦的な設定に、怪しげなスラム街でバクチが繰り広げられる背徳感がなんともいいです。

ひたすら命がけの勝負を求める主人公と、彼を助けようとする微妙なアイドル「ドテ子」が物語を進めていきますが、イケメン雀士としてTVで大人気になって妙なブームを巻き起こしてしまったり、ひょんなことから転落してしまったりかなりの迷走ぶり。

オリンピックに代わるイベントとして企画された麻雀五輪でAIと対決するクライマックスになると、もうストーリーはどうでもいい感じになってきて、勝負師たちの熱い盛り上がりに乗せられてしまいました。


斎藤工は、もうちょっと昭和のギラギラ感が欲しい気もしたけれど、まさかの二十歳設定をノリノリで演じています。

それ以上に惹かれたのが、ヒロインのドテ子を演じる「もも」で、ミュージシャンの人だとは驚きました。

こういう男たちの戦いで盛り上がる作品で、ヒロインの魅力がちゃんと出ているのは珍しいと思うのですが、不器用な女の子のひたむきなせつなさが伝わって、とても共感させる好演でした。


■□映画や見放題動画の人気ブログはこちら□■
 ↓   ↓


日本映画ランキング

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント