アラジン(実写版)映画感想

アラジン(実写版)映画感想


ディズニーアニメ『アラジン』の実写版です。

正直昔のアニメのイメージでこの映画を観ると、最初は面食らうかもしれません。


アニメでは清く正しく、一途にジャスミンを愛するイメージの強いアラジンですが、実写版では貧しいなか生き延びるために、時にしたたかな一面を見せます。


よくも悪くも人間味に溢れたアラジンといったところでしょうか。

ジャスミンの美しさ、聡明さはアニメ版さながらですが、この映画では現代女性のアクティブさや自立心が加味され、さらに力強く美しいジャスミン像が描かれています。


映像としては、ディズニーアニメらしく華やかさとイリュージョンに溢れ、アラジンがアバブワの王として宮殿に登場するシーンは実に華やかです。


その他魔法の絨毯に意志があったり、ジーニーのコミカルな行動も見所の一つですが、一番の見所はその日暮らしをしていたアラジンが、ジャスミンとの出会いを通して愛する女性を守る好青年へと成長していくところ。


人は人を通して変わると言いますか、アラジンは映画の終盤では確実にナイトになっています。

ジャスミンも最初は王室のしがらみにとらわれ、自由に生きられていない感じがありますが、アラジンとの出会いを経て自分を貫く強さを得ました。


アニメのアラジンのイメージではなく、若い男女の成長物語として見ると、また別の感動が沸くかもしれません。



【名探偵ピカチュウ(実写映画)感想はこちら】



■□映画や見放題動画の人気ブログはこちら□■
 ↓   ↓


日本映画ランキング

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント